日本人 性生活

性生活の満足度は、ダントツの最下位!日本

日本では、セックスレスが問題視されるようになって、どれぐらいたったでしょうか?
そして、その間、何かが改善したような事がありましたでしょうか?

 

確かに、雑誌やテレビでも特集される事が増えました。

 

でも、まだまだ足りないと思います。

 

厚生労働省が行った調査結果によると、全体の3分の1がセックスレスになっており、毎年進んでいます。
日本がいかに深刻な状況かは、コンドームメーカーであるデュレックス社が、2005年に世界14カ国を対象にした性生活に関する調査結果からもわかります。

 

ほとんどの項目で、日本は最下位です。

 

性生活が幸せか?

 

性生活の不満をパートナーに言えるか?

 

性生活の回数

 

などの項目で、日本はダントツの最下位です。

 

諸外国との性への意識の違いは大きくなっています。

 

最も、体力や生活習慣も違うので、欧米人並みになる必要があるか、といわれるとどうかわかりません。
回数は無理でも、性の満足度や愛の満足度、コミュニケーションの満足度について、もうちょっと考えられないかなと思います。

 

ザゴールド 効果
クラチャイダムゴールド 効果

性を「いやらしいもの」と受け止めてきた時代から

セックスに関するいろんなアンケート結果があります。
どのアンケート結果を見ても、ほぼ性への不満、セックスレスに関する結果が出ています。

 

メンタル面の分析結果を見ても、

 

セックスに

 

とても満足 女性:14% 男性:12%
まあ満足  女性:40% 男性:39%

 

残りの5割は、セックスがないか、不満です。

 

それにも関わらず、「セックスしたいとき、相手に意思を伝えられますか?」

 

という質問には、

 

「伝えられる」 女性:34% 男性:57%

 

伝えられる時もある 女性:37% 男性:25%

 

この結果から見ると、もし不満に感じたとしてもそれを伝えるための話し合いはなかなか出来ないと思います。

 

女子会でランチの時に、たまにそういった話題があるところもあるそうですが、そういった会話が出来ないグループがほとんどです。
セックスレスで、言葉で不満を伝えるのは、かなり大変です。
世の中には、性について悩むことはネガティブだ、という風潮があります。

 

ですが、きちんと向き合いいろんな人と話しをすることで、セックスレスや性の不満を解決できた、という事例もたくさんあります。
そうすることでしか解決できない問題が、セックスレスや性の不満だと思います。

 

やましいもの、いかがわしいものと考えるよりは、もっとやらしい欲望を持つぐらいの気持ちが大切です。
セックスなんて、いやらしい、という人は、自分自身が嫌らしい、または誰からから嫌らしい扱いを受けているのでしょう。

 

恋人やパートナーをないがしろにする人は、その人自身もだれからもないがしろにされている・・・そういった連鎖を受け継いでいると思います。

 

団塊世代の退職に伴い、熟年離婚も増えてきました。
でも、しっかりと夫婦生活があれば、退職しても、趣味を一緒に始めたり、コミュニケーションが生まれます。

 

まずは、友達などと性について、会話するところから始めましょう。

 

 

just-a-dream.net
drzewoski.net
universal-totem-orchestra.com
afro-pages.com
theinsectguide.com
ctryluv.net
hotels-d.com
horsesandhorsepower.org
xtremecomputers.net
wr-moon.com
bulatom.org
town-asahi-yamagata.com
vanheusenindiamensweek.com
shokuhin-takuhai.net
smokingbambino.com